トップページ ≫ 秘蔵! コーヒー豆知識 ≫ アメリカンコーヒーの作り方

 おいしいアメリカンコーヒーの作り方 

●何が違う?

日本で本場アメリカの薄いコーヒー(※)を楽しもうと思っても、ちょ
っと難しいです。
同じ豆を使っても、全然違う味わいになってしまうからです。
さて。何が違うのでしょう?

答えは簡単。水が違うからです。
アメリカの水は、酸味が出にくい「硬水」。コーヒー粉に対して湯の量
を多くしても、イヤな渋みや酸味はほとんど出ません。
むしろ苦み主体の、薄く飲みやすいコーヒーに仕上がるから不思議です。
良質な酸味が持ち味の「コナコーヒー」であっても、本場アメリカでは
酸味を感じることはほとんどありません。

(※)アメリカの薄いコーヒー:
   地域によって好まれるコーヒーの濃さは異なります。
   例えば、ニューヨークでは薄い味わい、シアトルでは濃い味わい
   が好まれる傾向があるそうです。


●「日本流アメリカン!」のコツ

一方、日本は「軟水」なので、良質な酸味や風味が出やすくまろやかな
味わいを楽しめます。
でも「軟水」で薄いコーヒーを作ると、渋みが出やすくなるので要注意。
また鮮度が落ちて酸化すると、イヤな酸味も前面に出やすくなります。

そのため日本で薄いコーヒーを飲むなら、普通(または濃いめ)に抽出
してから湯で薄める方が、ずっと美味しく仕上がります(※)。

もちろん、硬水のミネラルウォーターを買ってきて本場の味わいに近づ
いてみるのも楽しいですね。

(※)参考:お湯割り1つ!
http://www.kimameya.co.jp/mame/arekore/oyuwari.html


 


トップページ ≫ 秘蔵! コーヒー豆知識 ≫ アメリカンコーヒーの作り方

有機栽培 コーヒー豆の店 生豆屋 Copyright © 1999 KIMAMEYA. All rights reserved.